初めて送るお中元で何を選べばいいのかわからない!相手に喜ばれるお中元ギフトの選び方と具体例を紹介します!

スポンサーリンク

ギフト

どうも、コンビニスイーツをこよなく愛する女、たーぼーです。

 

これまでは親がやってくれていた「お中元」。

結婚をしたことで、初めて自分で送ることになったということがあると思います。

そんなとき、どうやって送る品物を選べばいいのか、困っちゃいますよね?

今回は、お中元で送る品物の選び方について、具体例を挙げながらご紹介していきます(^^)/

スポンサードリンク


お中元って何? いつ送るものなの?

お中元とは、ざっくり言うと「お世話になった人への贈りもの」です。

お中元を送る時期(相手に届く時期)としては、東日本では7月上旬~15日まで、西日本では7月中旬~8月15日まで、というのが一般的な時期ですね。

東日本と西日本で時期が違うのは、基準にしている暦が違うからです。

ただ、この時期はあくまで一般的なもので、地域によって異なることがあるので、送る際には時期を改めて確認しておきましょう。

お中元で送る品を選ぶ上での注意点

相手の好みに合わせて選ぶ

「お酒が飲めない人にビールを送った」

「コーヒーが苦手な人にコーヒーセットを送った」

こんなことをしてしまうと、相手に感謝を示すためのお中元が、相手にとってありがた迷惑なものになってしまいます。

せめて、相手の苦手なものはチェックして避けるようにしましょう。

相手の好みにあったものがチョイスできれば最高ですね♪

相手の家族構成(年齢・人数など)に合わせて選ぶ

相手の家族構成によって、お中元として最適な量や内容はかなり変わります。

相手が夫婦だけなら、量があるものよりも質にこだわった方がいいでしょう。

子どもがいる相手なら、子どもの年齢にもよりますが、詰め合わせなど量があるものや、お菓子・フルーツなど若い人が好むものを入れておくと良いでしょう。

送っても、「こんなに食べきれない」とか「こういうのを食べる人がいない」などのミスマッチが起こらないようにする配慮が必要です。

相手の事情を考慮して受け取り日を決める

お中元として送る品物を決めた後にも、注意が必要なことがあります。

直接渡す場合でも、郵送で送る場合でも、相手の都合を確認してから受け取り日を決めるということです。

「相手に確認せずに受け取り日を決めたら、受け取り日に相手が外出していた」なんてことになったら、相手側に余計な手間をかけさせることになってしまいます。

また、相手側が忙しい人で、どうしても確実に受け取れる日がハッキリしないという時には、賞味期限が長い品物(ビールやお菓子、乾物など)を選ぶという配慮をするのもアリです。

お中元で送る品物の具体例

暑い時期にぴったりな飲み物

お中元は夏ギフトです。

その時期にピッタリで喜ばれるものといえば、飲み物の詰め合わせでしょう。

定番中の定番です(笑)

先ほどの注意点でも少しふれましたが、飲み物での相手の好みを考慮しておきましょう。

 

お酒が大好きという方には、日本酒ギフト.comでオリジナルラベルのお酒や桐箱を選んでおけば間違いなく喜ばれます。
日本酒   日本酒
(画像出典:公式サイト)

公式サイトはこちら
↓↓↓
日本酒ギフト.com

 

ジュースなどの甘い飲み物が好きという人には、デルモンテ100%果汁ジュースギフトアルプス 有機ジュース詰合せが、いろいろな種類の味を楽しめるし、色鮮やかなのでおすすめです。

フルーツジュース  フルーツジュース

(画像出典:公式サイト)

公式サイトはこちら
↓↓↓
デルモンテ100%果汁ジュースギフト

アルプス 有機ジュース詰合せ

暑い時期には、飲み物はいくらあってもいいですから、好みさえ間違えなければ絶対喜ばれますよ(*^-^*)

夏の風物詩といえる食品であるそうめん

夏に食べるものといえば、「そうめん」があります!

調理も簡単ですし、長くもつので、贈りものとして定番ですね(*^-^*)

そうめんで知られているブランドといえば、手延べそうめん「揖保乃糸(いぼのいと)」があります。

揖保乃糸

(画像出典:公式サイト)

そういう有名ブランドの品物は、目上の方や年配の方に特に喜ばれますよ(#^.^#)

公式サイトはこちら
↓↓↓
揖保乃糸

暑い夏に嬉しい、フルーツを使ったさっぱり系スイーツ

やっぱり暑いときには冷たくてさっぱりしたスイーツが食べたくなるもんです。

そんなときには、フルーツを使ったアイスHitotoe 凍らせて食べるアイスデザートがおすすめ!

アイスデザート

(画像出典:公式サイト)

これって、アイスで暑くなった体を冷やし、フルーツで夏バテ気味の体を整えることができるので、ベストマッチな組み合わせなんです。

公式サイトはこちら
↓↓↓
Hitotoe 凍らせて食べるアイスデザート

賞味期限が長い食品である乾物

食品を送る上で、「賞味期限」は注意したいポイントです。

相手がすぐに食べるとは限らないですから、最初からそれを見越して賞味期限が長い食品を送るのも、相手の負担を減らすことができますね。

賞味期限が長いものとしては、先ほど紹介したそうめん以外、山本山 海苔詰合せとかはごろもフーズバラエティギフト和奏彩香(ふりかけやお茶漬けのもとなどの詰め合わせ)などの「乾物」がおすすめですね!

海苔    お茶漬けのもと

(画像出典:公式サイト)

これらは、それほど相手の味の好みを気にする必要がないという点でも選びやすいのではないかな~と思います。

公式サイトはこちら
↓↓↓
山本山 海苔詰合せ

はごろもフーズバラエティギフト和奏彩香

自分で品物を選べるカタログギフト

身もふたもない話かもしれませんが、相手の好みに100%沿ったものを選ぶのは、なかなか難しいです。

「それなら相手に選んでもらおう!」という、やや丸投げ感のある結論が出たときには、カタログギフトがおすすめです(笑)

「選ぶ楽しさ」そのものをプレゼントする、という感覚ですね♪

カタログにもジャンルがいろいろあって、たとえば、食品をメインにしたカタログア・ラ・グルメ カタログギフトとか体験型ギフトをメインにしたカタログエスプリカタログギフトなどがあります。

カタログギフト    カタログギフト

(画像出典:公式サイト)

カタログのジャンルについては、多少相手の好みをチェックした方がいいですね!

公式サイトはこちら
↓↓↓
ア・ラ・グルメ カタログギフト

エスプリカタログギフト

最後に

お中元に送る品物を選ぶ際に重要なのは、「相手の好みにあったものを、相手に負担をかけないように送る」ということです。

相手に感謝を伝えるために送るのに、そこで不快感を与えてしまっては本末転倒ですからね(汗)

まずは、送る相手について最低限のリサーチをした上で、それに合う品物を選ぶようにしましょう!

コメント