睡眠不足でお悩みの一人暮らしのOLさんが、快適で質の良い睡眠を得るためには?

どーも、たーぼーです。

 

毎日お疲れな一人暮らしのOLさんにとって、質の良い睡眠を取ることは非常に大事です。

ただ、現実問題として、多くの女性が睡眠不足に陥っています。

今回は、そんな睡眠に関する悩みを抱えるOLさんに、ぜひともおすすめなお話をしていきます(^^)/




一人暮らしのOLさんは、睡眠に十分な時間を割けてない。

女性

一人暮らしのOLさんは、仕事に家事に趣味にと、とーっても忙しいです(>_<)

特に、30代ともなると、経験を積んだことで任される仕事は増えてくるし、20代の頃ほど無茶(徹夜など)ができなくなってきます。

また、一人暮らしにある程度慣れてくると、プライベートの時間を充実させたくなって、趣味や習い事に励んだりすることもあるでしょう。

 

一般的に、成人女性は7時間半から8時間半の睡眠が必要とされています。

でも、ほとんどの女性はそこまでの睡眠時間を取れていません。

 

1日の睡眠時間が5~6時間でちょうどいい「ショートスリーパー」という人は確かにいますが、割合としては全体の5%程度と、とても少ないのです。

9割近くの人は、だいたい8時間前後の睡眠が必要なタイプなので、やっぱり睡眠時間を確保することが重要になります。

 

にもかかわらず、仕事面や生活面でストレスを感じて眠りが浅かったり、活動時間が長くなって夜ふかししたりして、睡眠不足に陥る女性が本当に多いのです。

日々の睡眠不足を何とかするために、「寝だめ」してました。

たーぼーも、今でこそ、好きなだけ寝られる生活を送っていますが、会社員時代は、日々の残業や仕事の持ち帰りなどで、毎日睡眠不足でした。

おまけに、勤めていた会社が週一休みだったもんですから、その休みに死ぬほど「寝だめ」をして、何とか体力を回復させ、次の週に挑んでいたのです。

 

でも、日々の睡眠時間が足りてないのに1日だけたっぷり寝ても、「焼け石に水」状態だったんですよね~(;´・ω・)

 

そうやって日々の睡眠不足が積み重なって、ついには、心身ともに悪影響が出始めたんです。

俗にいう、「睡眠負債」ってヤツですね。

日々の睡眠不足が積み重なった「睡眠負債」は、女性に悪影響しか及ぼしません。

女性

「睡眠負債」を抱えた結果、いろいろとヤバい影響が出てきました。

 

まず、お肌がカサカサになってきました

本来なら、睡眠中に出る成長ホルモンが痛んだ細胞を回復させてくれるんですけど、睡眠不足のせいで、回復しきらないまま起きることになっちゃうからです。

お肌が荒れるのは、女性にとって何としても避けたいことですよね!

 

次に、体調を崩しやすくなりました

睡眠不足によって免疫機能が低下して、風邪をひいたり、お腹を壊しやすくなってしまったんです。

そうなると、仕事の能率もガクッと下がってしまいます!

 

おまけに、太りやすくなりました

睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンが減り、逆に食欲を増進させるホルモンが増えるのだそうです。

それに、しっかり寝れていないので疲れが取れず、自然と運動量は減ります。

そもそも、1日のうちの活動時間が増えると、食べる量も増えますしね。

…………最悪っΣ(゚Д゚)

 

こんな状態になってしまったので、「これは何とかしなければ!」と思い、睡眠時間を確保して質の良い眠りをゲットするために、

 

  1. 寝る前にストレッチをする
  2. 寝る前に温かい飲み物を飲む
  3. 寝る前のスマホやテレビをやめる
  4. 眠りやすくなるというアロマを焚いてみる
  5. 睡眠導入剤を飲んでみる

 

といった方法を試してみました。

でも、なかなかうまくいかなかったんですよね~(>_<)

最初の4つは、忘れちゃうときもあって習慣化できなかったし、最後のにいたっては、だんたん薬の効きが悪くなったり、日中にまでボーっとしたりしちゃったし。

 

で、ちょっと考え方を変えて、

「たーぼー自身を何とかするんじゃなくて、寝る場所を寝やすい環境にすればいいんじゃね?」

という方向にシフトしました。

自分が楽する方向にシフトしたともいえますが…(;^ω^)

ただでさえ忙しいってのに、さらにやることを増やしてちゃ、そりゃ続かないわなぁ…(汗)

 

寝る場所というのは布団ですね。

その環境が寝やすい感じになっていれば、自然と早く寝たくなってきます。

 

といっても、掛布団は季節によって使用するものが違うし、枕は頭しかカバーできません。

ですから、1年を通して使用できて、体全体をカバーできるものといえば、「マットレス」ということになります。

 

ということで、体に負担をかけずに気持ちよく眠れて、衛生面でも収納面でもバッチリなマットレスとして、「エアキューブマットレス」をご紹介します。

 

エアキューブマットレス

エアキューブマットレス

(画像出典:http://tobest.jp/shop/aircube/)

楽に快適な睡眠を得るためには、マットレスを寝心地のいいものに変えよう。

ここからは、数あるマットレスの中で、「エアキューブマットレス」をおすすめする理由は、以下の特徴を持っているからです。

 

  1. 特殊な凸凹構造によって極上の寝心地を感じられる
  2. 1830個以上の点で体圧を分散している
  3. 優れた通気性を持っている
  4. 収納に便利なゴムバンドがついている
  5. カバーは洗濯可能なので清潔さを保てる
  6. ダニやホコリがつく心配が少ない
  7. 国際安全規格をクリアしている

 

特殊な凸凹構造によって極上の寝心地を感じられる

下図のような特殊な凸凹構造により、寝ている人がどんな体勢になっても体にフィットして、自然な寝る姿勢を維持することができます。

エアキューブマットレス

(画像出典:http://tobest.jp/shop/aircube/)

1830個以上の点で体圧を分散している

先ほどの図からわかるように、たくさんのキューブによってこの「エアキューブマットレス」はできています。

それぞれのキューブが寝る人の体をバランスよく支え、体圧を均等に分散するので、身体が沈み込みすぎずに眠ることができます。

エアキューブマットレス

(画像出典:http://tobest.jp/shop/aircube/)

また、血流を妨げにくいので、血行も自然と良くなり、睡眠不足のほかに肩こり・腰痛も起こりにくくすることができます。

優れた通気性を持っている

キューブとキューブの間には、空気の通り道となるすきまがあるので、湿気や汗などの水分をすばやく発散させることができます。

日本はどうしても湿気がこもりやすいので、それを防ぐ構造があるのは嬉しいですね♪

また、カバーにニットメッシュを使っているので、いつでも手触りはサラサラです(#^.^#)

収納に便利なゴムバンドがついている

1年を通して使えるといっても、時には片付ける必要が出てきます。

その時は、付属のマジックテープ付きバンドを使えば簡単に丸めることができるので、収納しやすく、かさばることもありません。

ちなみに、ゴムバンドで収納すると、こんな感じです。
↓↓↓

エアキューブマットレス

(画像出典:http://tobest.jp/shop/aircube/)

カバーは洗濯可能なので清潔さを保てる

先ほどもふれましたが、この「エアキューブマットレス」の専用カバーはニットメッシュになっていて、ご家庭での洗濯が可能です。

ですから、枕カバーなどと一緒に洗って清潔さを保つことができます。

なお、洗濯できるのはカバーだけで、詰めものは洗えませんので、風通しの良いところで陰干ししてください。

ダニやホコリがつく心配が少ない

キューブは、ハウスダストアレルギーの原因でもあるダニやホコリがつきにくい「高反発ウレタンフォーム」という素材でできています。

また、先ほどもふれた優れた通気性により、湿気を上手に分散させることもできるので、一般的なウレタンマットレスに比べてカビにくい特質を持っています。

国際安全規格をクリアしている

この「エアキューブマットレス」は、

「エコテックス」という、世界的に有名な繊維製品に含まれる「人体に有害な物質」の使用を禁止あるいは制限し、基準をクリアした製品だけに配給される、繊維製品の国際的な安全規格

「サーティピュア」という、世界的に評価を受けているマットレスや家具などに対するウレタンの安全、健康、環境保護をクリアした製品に配給される国際的な安全規格

の両方をクリアしています。

つまり、国際的に「質が良い」と認められているんです。


 

これだけの特徴を兼ね備えた「エアキューブマットレス」なら、疲れた体を癒すためにも、なるべく長く横になりたいと思いますよね♪

そうなれば、自分自身が頑張ってあれこれ続けなくても、自然と早い時間に寝るようになっていきますよヽ(^o^)丿

使用者の感想

ここで、実際に「エアキューブマットレス」を使用した人の感想を、いくつかご紹介しておきますね♪

とても良いです。

ぐっすり寝すぎてますね。

期待していたよりは、効果があり自分でも買ってよかったなと思っております。

 

なかなか寝付けないため、こちらのマットレスに変えてみました。

まだ、使い始めて数日ですが、なんとなく背中があったかくなるような気がします。

体圧が分散されているという実感はまだありませんが、しばらく様子を見てみようと思います。

ウレタンはなんとなく体に悪い気がしていたのですが、こちらの商品は体に良い素材で作られているようで(認証されている)、その点はとても安心できます。

興味のある方はこちら
↓↓↓
特殊立体凹凸構造マットレス【エアキューブマットレス】

あ、フローリングにマットレスを敷くときには、湿気をためないように注意しましょう。

いかがでしたか?

日々の忙しさに疲れたOLさんを、この「エアキューブマットレス」はきっと楽に癒してくれます。

これがあれば、あなたのベッドは、あなたの部屋の中で一番居心地のいい場所になりますよ(#^.^#)



あ、そうそう。

マットレスは通常、ベッドで使うものですが、部屋が狭かったり、ベッドが苦手だったりで、部屋にベッドがない場合、「フローリングにマットレスを敷く」という手もあります。

ただ、直接フローリングにマットレスを敷いてしまうと、湿気がこもってダニやカビを発生させる要因になってしまいます

ですから、その場合は、マットレスの下にすのこや除湿シートを敷くようにしましょう(^^)/

 

興味のある方はこちら
↓↓↓
特殊立体凹凸構造マットレス【エアキューブマットレス】

 

たーぼー
最後まで読んでくれてありがと。また来てね~!

コメント