【一人暮らし】災害時用の防災グッズで何をそろえればいいかわからない人が持つべきものとは?

どーも、こんにちは。たーぼーです。

 

『地震大国・日本』

いつの間にか、そういう認識が、日本だけでなく世界中でされるようになっていますね。

 

大きな地震が起きるたびに、テレビで映し出される災害現場の映像を見て、「防災グッズが必要だなぁ」とは思うけれども、「具体的に何をそろえたらいいのかわからない…」という不安を持ってはいませんか?

 

特に、一人暮らしの人は、災害時も頼る人がいない状態で単独行動する可能性が高いので、より備えはしっかりしておかないと、大変な思いをすることになります。

 

そこでこの記事では、「一人暮らし用の防災グッズとして、何をそろえたらいいかわからない」というお悩みを、同じく一人暮らしで、「東海地震が来る!」と小さい頃から聞いて育った静岡在住の女・たーぼーが解決します!




災害時に備えなきゃいけないもののラインナップが多すぎる。

防災グッズ

災害が起こるたびに、テレビで防災に関する特集が組まれます。

店でも、防災グッズの特設コーナーができたりします。

 

テレビでも店でも山のようにグッズが紹介されていて、見ていると「あれ便利だな」「これもいるな」ってなってきます。

でも、紹介されているものをいちいち全部そろえていたら、重いし持ちきれないし、迅速な避難なんてできません(>_<)

 

どうにかグッズをしぼってそろえたいと思うんですけど、素人だと、どれも重要に思えちゃうんで、どのグッズの優先順位が高いかなんて、さっぱりわからないんですよね~(汗)

災害時の備えとして「これだけあればとりあえず大丈夫!」というものを、ひとまとめにしておくことが重要。

避難

災害時の備えを100%完璧にしておくことは、なかなか難しいです。

先ほど述べたように、万全にしようとすればするほど物が増えていき、かえって身動きが取れなくなってしまいます。

 

自分の命を守るためには、必要最低限の物だけ持ってすばやく避難することが、何よりも重要です。

そのためには、日ごろから、災害時の備えとして「これだけは必要!」というものを、ひとまとめにしてそばに置いておく必要があります

 

それも、何をそろえたらいいかわからない素人がフワフワした知識で選んだ物だと不安なので、災害時の対応に詳しい人が選んでくれた物であることが望ましいです。

 

つまり、最低限必要な物がコンパクトにまとまっている、専門家が選んだ災害グッズということになりますね。

災害についての知識が豊富な「防災士」が作った、災害時に役に立つグッズをまとめたセットがあります。

「防災士」って聞いたことがありますか?

ざっくり言うと、災害に対する専門的な知識を持っていると認められた人のことです。

 

災害について豊富な知識を持った「防災士」が、実際に被災した人の声を集めて作ったのが、「ディフェンドフューチャー」という防災グッズのセットです。

非常食や電気をはじめ、簡易トイレや救急セットなど、プロの知識と実際の声が合わせた「本当に必要なもの」が、リュックにすべておさまっています。

リュック1つで1人用なので、一人暮らしならこれ1つあればだいたいはカバーできます。



あとは、「ディフェンドフューチャー」に貴重品をプラスすれば、より安心度が増します。

 

財布・免許証・保険証などは、普段の生活で持ち歩いていることが多いでしょうから、「ディフェンドフューチャー」と一緒にしておくのは難しいでしょうが、通帳・印鑑は財布などよりは使用頻度が低いでしょうから、リュックに入れておくことをおすすめします。

 

興味のある方はこちら
↓↓↓
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

【重要】女性の災害時の備えとして必要なもの

「ディフェンドフューチャー」があれば、最低限必要なものはそろいます。

ただ、女性の場合は、どうしてもそれ以外に必要なものが出てきます。

 

こればっかりは仕方ないので、個人的に用意して、リュックに入れておくようにしましょう。

ざっと挙げると、

  • 生理用品(ナプキン・おりものシートなど)
  • サニタリーショーツ
  • 下着(動きやすいのでカップつきのタンクトップがおすすめ)
  • 洗顔用品(シート状のものがおすすめ)
  • 保湿クリーム(肌荒れの予防)
  • 歯ブラシ(マウスウォッシュもおすすめ)
  • ウェットティッシュ(体を含めたいろいろなものを拭くため)
  • ヘアゴム(髪が洗えない状態が続くことがありえるので、しばっておいた方が良い)

といったものです。



おもに、女性特有の「生理」に関係するグッズと衛生関連のグッズですね。

生理用品は女性にとってはマストですし、避難場所で共同生活を送るとなれば、お風呂や歯磨きといったことが普段通りにはできなくなります。

 

もちろん、男性もそういうことは気にするでしょうが、嗅覚に敏感な女性の方が、よりダメージが大きいんです(>_<)

そういう事態に備えるためにも、これらのグッズを「ディフェンドフューチャー」に加えておきましょう。

 

興味のある方はこちら
↓↓↓
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

いざという時は、防災グッズのセットだけを持って、すばやく避難できるようにしておきましょう。

とにかく、災害時には自分の命を守ることが最優先です。

そのためには、すばやい行動が起こせるようにしておく必要があります。

身近なところに「ディフェンドフューチャー」を置いておけば、何かあっても、それをつかんで避難すれば3日間は何とかなります。



「自分では何を選んだらいいのかわからない…」という時には、専門家が選んだものを常備しておけば、とりあえずは何とかなります。

1人に1つ、「ディフェンドフューチャー」を用意しておきましょう(^^)/

 

興味のある方はこちら
↓↓↓
防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

たーぼー
最後まで読んでくれてありがと。また来てね~!

コメント