3つのコンビニの冷凍カット野菜を比較してみた【セブンイレブン・ファミマ・ローソン】

カット野菜

どうも、コンビニスイーツをこよなく愛する女、たーぼーです。

毎日お仕事お疲れ様ですm(_ _)m

疲れて帰ってきた後、夕ご飯を作るのってなかなか面倒ですよね~(>_<)

そんな時に、簡単に調理できて野菜も取れて保存もできる「冷凍のカット野菜」って、すごく便利です!

コンビニごとに色々な冷凍カット野菜が販売されてますけど、その中から主要なコンビニ3つ(セブンイレブン・ファミマ・ローソン)のものを比較してみました。

スポンサードリンク


セブンイレブン「4種の野菜と豚肉入り 肉入りカット野菜」

4種の野菜と豚肉入り 肉入りカット野菜

セブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から出ている冷凍カット野菜ですね。

タイトルからしてわかるように、4種類の野菜(キャベツ・たまねぎ・にんじん・青ピーマン)と豚肉が、野菜:豚肉=9:1の割合で入ってます。

4種の野菜と豚肉入り 肉入りカット野菜

お値段は100円(税込108円)で、内容量は130g。

カロリーは、100gあたり65kcalとなってます。

ファミマ「すぐに使える 肉入りカット野菜」

すぐに使える肉入りカット野菜

これは、冷凍食品で有名な「マルハニチロ」から出ているもので、ファミマのプライベートブランドってわけじゃないんですけど、たーぼーの近所のファミマでは、これが販売されてました。

他の地域のファミマでは、違う会社のものが販売されてるかもしれません。

その点は、ご了承ください。

中身は、キャベツ・たまねぎ・にんじん・豚肉・たけのこ・きくらげ・青ピーマンの7つ具材が入っていて、セブンイレブンのものと比べると、けっこう豪華ですね。

すぐに使える肉入りカット野菜

お値段は税込116円で、内容量は120g。

カロリーは、100gあたり64kcalとなってます。

ローソン「野菜炒めやラーメンの具材に 肉入りカット野菜」

野菜炒めやラーメンの具材に 肉入りカット野菜

これは、「ローソンセレクト」から出ているものですね。

他の2つと違い、袋が縦長です。(まぁ、そんなに気にすることじゃないですが…)

中身は、キャベツ・たまねぎ・にんじん・豚肉・たけのこ・きくらげ・青ピーマンという7つの具材が入っています。

野菜炒めやラーメンの具材に 肉入りカット野菜

お値段は100円(税込108円)で、内容量は130g。

カロリーは、1袋(130g)あたり85kcalとなってます。

100gあたりに換算すると、だいたい65kcalですね。

裏面に記載されている調理例は、3つとも同じ

冷凍カット野菜の裏面には、それぞれ3つの調理例が記載されてます。

ただ、それが図ったように全部同じでした(笑)

「インスタントラーメン(の具にする)」「ソース焼きそば」「中華丼」です。

全部、お鍋で煮るか、フライパンで炒めるかして、ちょっと味付けするだけなので、お手軽ですね♪

そうしたアレンジ調理すら面倒なら、「袋の中身を耐熱皿に平たく持ってレンジで温め、しょうゆ・ポン酢などをかけて食べる」でもOKです!

温める時間は、500Wなら3分30秒、600Wなら3分です。

その時の注意点として、「袋ごとレンジにかけてはいけない!」ということです。

ちなみに、たーぼーは、よく「野菜スープ」にしちゃいます。

野菜スープ

こんな感じです。

「冷凍カット野菜をお鍋に入れて、適当な量の水とコンソメを加えてひと煮たち」、これだけで完成です(#^.^#)

もうちょっと量が欲しいなと思ったら、豆腐や春雨を入れてカサ増ししています。

(ちなみに、写真は豆腐入れたバージョンです。)

10分もしないうちに完成します。

コンソメの代わりに、中華スープの素や一人鍋用のキューブなどを入れれば、味のバリエーションも変えられます。

最後に軽~くまとめます。

こうして見ると、それぞれ微妙に違いがありますね。

単純なコスパで考えると、108円で7つの具材がゲットできる、ローソンの「野菜炒めやラーメンの具材に 肉入りカット野菜」が一番お得といえそうです。

何はともあれ、冷凍庫にいくつかストックしておけば、疲れて何にも作る気になれない時の強い味方になってくれます!

今って野菜が高いですから、お手頃価格でそれなりの量の野菜を食べられるのも助かります。

「冷凍カット野菜」、おすすめですよ~♪

たーぼー
最後まで読んでくれてありがと。また来てね~!

スポンサードリンク